こんなにある!信用取引のメリットについて

手持ちの資金が少なても大丈夫

信用取引では手持ち資金を保証金として入れることで、証券会社から資金を借りて取引ができます。借りられる金額は保証金の金額の約3倍です。つまり手持ちの資金が50万円しかなくても150万円までの取引が可能なんですよ。手持ちの資金が心許ない人にとっては大きなメリットですよね。資金が増えれば株価が数万円以上の高い銘柄でも購入できます。選べる銘柄の幅も増えるので利益を増やすチャンスも広がる訳です。ただ、最低限必要な保証金の額もあるので注意しましょう。

空売りで利益を出すチャンスが2倍

信用取引では空売りという売りから始める取引が可能です。普通の株取引では買ってから売るので、購入した株の株価が上がらないと利益を出せませんよね。空売りは証券会社から借りた株を売って、それが安くなったら買い戻すという手法です。そのため、株価が下がると利益を出せる仕組みです。この空売りを上手く活用すれば株価が下がっていても利益を出せる訳です。買いから始まる取引と併用すれば株価の上昇局面、下降局面どちらでも利益を狙えます。

デイトレードのような短期売買に便利

信用取引では同じ資金で同じ銘柄を1日に何度も売買できるので、デイトレードのような短期売買に向いています。現物取引ではこのような取引は出来ないんです。例えば現物取引において50万円でAという銘柄を購入して売却、その売却代金で再びAという銘柄を購入する、これを1日のうちに行うことはできません。もう一度Aの銘柄を購入する場合、追加の資金が必要です。短期売買には向いていないですし、資金力が乏しい人にも厳しいですよね。

信用取引においては、株価が高いときに証券会社から借りた株を売り、安くなってから買い戻す取引が可能です。そのため、下落トレンドでも利益を狙えます。