声優の専門学校の大変なところについて!考えておくこと

はっきりいって喰えない仕事

声優の専門学校というのは意外と簡単に入ることができます。そもそもビジネスモデルとして声優のスキルがありそうな人を選別する、というのではなくより多くの生徒を集める、ということになっているからです。ですから、入ることはできますし、一つや二つは声優の仕事は学校を卒業する前にいただけるかもしれませんが、それでも食べて行くことが難しいです。あくまで手取り足取り、その学校で就職先まで面倒を見てくれるわけではない、というのは知っておきましょう。

どんなスキルが求められるのか

声優は演技力が大事です。また、生まれついての声の質も大事ですから、これは覚悟しておきましょう。つまりは、人気が出易い声とそうでない声があるわけです。ある意味では才能が最初のハードルとしてある仕事になります。専門学校でもそのあたりのことを聞かされることでしょう。但し、あくまでこれは演技力があれば、と言う話になります。基本的にはそれがとても重要なことであり、出来るだけ演技力があったほうが事務所に所属しやすくなります。

将来性についてのこと

なかなか声優というのは市場が大きい割には仕事が少ないです。また、やりたがる人も多いです。その為、極めて競争率が高い仕事でもあります。それでもいきなりなろうとすることは不可能ですから専門学校などに通うのが今ではスタンダードなやり方ではあります。将来性に関してはかなり厳しい仕事ではありますが、それでも目指してみるならば専門学校に行くしかないでしょう。最初の一歩は確実にそこから踏み出すことになるでしょう。

夢を実現し、卒業後に確実に声優になるためには、就職の実績数が多くあり、有名なプロの声優が講師をしている声優の専門学校を選ぶと、実力も付き声優への道も近づきます。