J-REIT投資信託ファンドの魅力とリスク

換金性が非常に高い!

J-REIT関連投資信託ファンドの販売が、最近は好調のようですが、このJ-REITにはどのような魅力とリスクがあるのでしょうか。ここでは、この点について深堀りしていくことにしましょう。まず、J-REITには換金性が非常に高いという魅力があります。すなわち、J-REITは上場株式と同じように証券取引所で売買をすることができて、日々変動する価格をリアルタイムで知ることができます。それに、成行注文や指値注文もできるのです。

収益のほとんどが投資家へ分配される!

それから、J-REITには、その収益のほとんどが投資家へ分配される仕組みになっているという魅力もあります。すなわち、株式へ投資をした場合には、その利益がどのように処分されるかということは経営者の判断となり、不透明になりがちですが、J-REITの場合には、その利益の90パーセント以上が投資家への分配金にあてられることになっているのです。というのは、J-REITの場合、利益の90パーセント以上を投資家に分配すれば、税金が免除されるという制度となっているからです。

不動産市況の影響を受けやすい!

それでは、J-REITにはどのようなリスクがあるのでしょうか。まず、J-REITは、不動産物件の購入価格や賃料収入といった不動産市況の影響を受けやすいということです。つまり、保有物件の価格が下がったり、賃料収入が減ることにより、J-REITの価格や分配金も下がる可能性があります。それから、J-REITは、投資家からの資金とともに、銀行からの借入資金も使用して物件の取得を行っていますから、金利変動の影響も受けることになります。

j リートのファンドは、単元価格が安いので、誰でもわずかな資金で購入出来ます。複数の不動産を組み合わせたファンドなので、リスクが少ないこともメリットです。