こうやって選ぼう!信用取引における金利の観点からの証券会社選び

信用取引にかかる金利が証券会社選びの決め手

信用取引では、現物取引よりも大きな利益をあげることができます。その理由は、信用取引においては証券会社から資金や株を借りることで取引規模を高められるからです。一方で「有価物を借りる」という独自の手順を踏まなければならないため、建玉の保有日数に応じた金利を支払う必要があります。昨今は取引手数料を優遇する証券会社も増えてきたため、この金利がどれだけかかるかが信用取引にかかるコストを左右することになります。証券会社を選ぶに当たっては、金利が重要な決定要因になってきます。

金利を限りなく安く押さえるための証券会社選びとは?

可能な限り金利を払わずに済ませたいというのが、信用取引を行おうと考えている投資家全員の思いでしょう。しかし、昨今は証券会社間でコストの引き下げ競争が激化したため、金利額の面では大差が無いというのが実状です。その中で様々なサービスを打ち出している証券会社も数多くありますが、もし金利を抑えるために保有日数を絞ろうと考えている場合は、デイトレードでは金利がかからないようなサービスを打ち出している証券会社で口座を開設すると良いでしょう。信用取引を始めるに当たっては、自分がどのようなスタンスで取引するのかを定めておくことも重要です。

金利以外にも証券会社選びで気をつけておきたいこと

信用取引において金利を抑える取引をしたいのであれば、証券取引所が定める銘柄を取引する「制度信用取引」を行うと良いでしょう。金利が比較的安く設定されており、また保有期間も3ヶ月と決められているため、必要以上に金利を支払うことも無くなります。しかし、制度信用取引の銘柄は限られているため、適宜状況に応じて信用取引を運用するためには、証券会社が保有する株を借りて行う「一般信用取引」も利用する必要があります。証券会社によって一般信用取引の対象となる銘柄は異なっているため、どれだけの銘柄が借用できるのかという観点から証券会社を選ぶのも一つの方法です。

株式の信用取引の金利は、専門業者のシステムに大きく左右されますが、仲介手数料のおおよその相場を予めきちんと理解することが重要です。